FC2ブログ

文月の日記帳

ユーノ、香霖、シャノン兄、七夜などの男キャラに萌える男のブログ。SSも書くでよ!

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  最近コードギアスづいてる文月です
そのうち主×カグとか主×ナナ書いてるかもしれないw
それはさておき、今回はSS更新です
以前の霖之助絵茶で慧霖に目覚めたので書きたかった慧霖を書いてみました
イチャイチャを目指したんですがねぇ・・・
しかし私の男キャラがダレテメェになるのはなんとかしないと・・・
あとweb拍手のSSを小ネタに変えました
では続きを読むからどうぞ



朝、いつもより早く目が覚める
「ん・・・」
まだ眠い・・・まったく霖之助のせいで何時も寝不足だ・・・
となりで眠る霖之助の顔を忌々しげに見つめる
だがその寝顔を見ていると怒りが静まってしまう
「ふ、今日は私のほうが早く起きたようだな」
いつもいつも私より早く起きて朝餉の準備を済ませている
まったく、私の立場というものがないではないか
「おっと、こうしてはいられない」
霖之助が起きないうちに朝餉の準備を終わらせておかないと
ふふふ・・・霖之助のやつ驚くぞ
そんなことを考えながら私は厨房に向かった

少女料理中…

「ふぅ、完璧だな」
ご飯に味噌汁、漬物に焼き魚。朝食として非の打ち所のない献立だ
朝食も出来たし、霖之助を起こしにいくか
ふふふ、どんな顔をするか楽しみだ
霖之助はまだ眠っているようだった
まったく、やはり私がいないとダメだな
眠っている『夫』を起こそうと近づく
「霖之助、起き・・・」
声をかけると私の唇にやわらかいものが触れる
触れたものがなにか気づいた私はその感触をゆっくりと味わう
そして相手の方から離れて笑いながら
「おはよう、慧音」
眠気などまったく感じさせない口調で言った
まさか・・・
「狸寝入りだったのか!?」
霖之助は笑ったまま何も答えない
まんまとやられた・・・
「慧音」
霖之助が敗北感でうなだれる私に声をかける
「愛してる」
「・・・私もだ」
そう言ってまた唇を重ねた
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://fumituke.blog82.fc2.com/tb.php/15-b1371701
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。